img_01 TOP > 皮膚科で受けられるシミ治療とは

皮膚科で受けられるシミ治療とは

シミは多くの女性が悩んでいる肌の悩みの1つです。

自分で地道にスキンケアを重ねる人が多いですが、皮膚科で治療を受けると言う選択肢もあります。そもそもシミとは、メラニンが肌に沈着してできる斑点のことです。

加齢や紫外線が原因であることは広く知られていますが、他にもホルモンバランスの乱れや遺伝的要因が原因になることもあります。
実は種類も様々で、治療方法もそれによって変わってくるため、いろいろな種類のシミが混在しているケースもあります。そのため皮膚科を受診した際は、医師の診察と説明をしっかり受け、自分のシミの種類が特定することが大切です。

肝斑関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

皮膚科で治療を受けるとなると、まず思い浮かべるのがレーザーを用いたものですが、外用薬や内服薬で様子を見る場合もあります。

外用薬は漂白作用があるものや、コラーゲンを産生することで肌のターンオーバーを促すもの、メラニンを排出するものなどいろいろな種類があります。
内服薬はメラニンの発生を防いだり、色素沈着を緩和する効果を持つものを使います。



いずれも医師の指示に従って使用しましょう。
場合によっては併用することもあります。

美容皮膚科では、一般皮膚科では行っていないレーザーやピーリングなどの治療方法を行っています。

レーザーはシミの原因であるメラニン色素にアプローチし、治療を行います。



ピーリングはレーザーの熱によって肌表面の古い角質を除去し、細胞を活性化することで肌のターンオーバーを促します。